支えることが、私達の使命です。

トップページ > 医療型障害児入所施設

肢体不自由児施設

肢体不自由児施設イメージ

肢体不自由児施設「なのはな棟」

なのはな棟の紹介

なのはな棟は2歳~18歳までの子どもたちが入所し、医療と福祉サービスを受けるための病棟です。さくらんぼ棟は、修学前のお子さんとお母さんが一緒に入所して、お子さんの状態を把握し、理解を深めていただく病棟です。

なのはな棟の紹介

なのはな棟では、子どもたちは隣接する特別支援学校に通いながら、リハビリを受けています。そして、整形外科手術と手術に伴う機能訓練を行っています。長期に入所している子どもは、日常生活動作や身体的機能面の向上をめざして日々リハビリに励んでいます。

私達職員は、リハビリ職員や養護学校、地域と連携し、子どもたちの自立に向けた援助を行っています。また家族との良好な関係作りに心掛け、適切な支援ができるよう努力しています。

また、退所後については、必要に応じての地域移行支援を行っています。ご不安・疑問な点は、なんでもお気軽にご相談下さい。

なのはな棟の職員さんのお写真

▲このページの一番上へ戻る

肢体不自由児 母子入園部門「さくらんぼ棟」

さくらんぼ棟の紹介

重度の知的障がいと重度の運動機能障がいが重複している児童・成人の方が入所している病棟になります。

さくらんぼ棟の紹介

ひまわり棟は、医療棟と準医療棟に分かれており、呼吸器を使用している方など、医療への依存度の高い方が入所されています。たんぽぽ棟は、医療度は高くないが、日常生活の援助を必要とされる方が入所されています。

私たちスタッフが支援を行っていくうえで大切にしていることは、利用者様がさまざまな表現方法で伝えようとしている感情や要求を汲み取り、適した援助を行い笑顔を引き出していくことです。その笑顔が利用者様だけではなくスタッフのやりがいや喜びにつながっています。

さくらんぼ棟の職員さんのお写真

定員・対象者

なのはな棟 45名
たんぽぽ棟・ひまわり棟 120名

▲このページの一番上へ戻る

フロアマップ

1F西側なのはな棟